コンテンツへスキップ

H様邸 井戸ポンプの老朽化に伴い取替工事を行いました。

CIMG7523

既設配管は他社が行った施工で、新しいポンプを設置する為に配管をし直す必要がありました。

CIMG7526

完成した写真です。モルタルで復旧した部分が配管をし直した部分です。

スッキリしているのが判ってもらえると思います(^^)/

O様
当店ホームページからご連絡頂きました。

CIMG8302

古くなった井戸ポンプは経年使用でモーターが回らなくなっていました。

CIMG5697

新しいポンプはテラル製です。既設ポンプは日立製の為に土を掘り配管を立ち上げ直しています。

CIMG5700

保温もしっかり巻いて完成です(^^)/

H様邸 井戸ポンプの老朽化に伴い取替工事を行いました。

CIMG7523

既設配管は他社が行った施工で、新しいポンプを設置する為に配管をし直す必要がありました。

CIMG7526

完成した写真です。モルタルで復旧した部分が配管をし直した部分です。

スッキリしているのが判ってもらえると思います(^^)/

当社は設備器具を販売するだけではないです。

地域密着企業としてしっかりとアフターメンテナンスに力を入れています。

今回は井戸ポンプの修理について簡単に説明します。

井戸ポンプの不調には水漏れと、水が出ないという症状があります。

まず最初に水漏れです。よくあるのが下の写真の様にポンプが凍結等により破損し水が噴き出るというものです。

CIMG2193

この場合は破損部の部品を取替修理します。

次に水が出ないという症状の場合です。

水が出ない症状でよくあるのが異物(砂)の混入です。その場合は下の写真の様にポンプをバラバラに分解し、原因である

砂を取り除くしかありません。

DSCF3981

DSCF4849

砂の吸い込みが多くポンプが良く止まるのであればポンプの直近に『砂取器』を設置するのも一つの方法です。

その他にもポンプが止まらないという症状があります。これはモータが弱くなっていたり、センサーの異常であることが多いです。

簡単な説明でしたが、ポンプは条件によってさまざまな症状があり不調の原因を決めつけるのが難しいですので、私たちにご連絡もらうのが一番の改善策です(^ ^)