コンテンツへスキップ

N様邸

タイル張りのお風呂と脱衣所。かなり老朽化しており改装をさせていただきました。

①CIMG4176
②CIMG4177
CIMG1319

施工途中の写真です。

まずは既設の風呂を取り壊していきます。

CIMG4197

排水管を布設替していきます。

CIMG4220

給水・給湯配管も老朽化が進んでいたので架橋ポリ管によるヘッダー工法を採用して布設替えしています。

CIMG4235

エコキュートは既設のものを使用しお風呂の前から移動し配管もし直しています。

CIMG4307

完成です。システムバスはパナソニック製ココチーノLクラス ラグジュアリー1616タイプ 酸素美泡湯付きです。

照明はLEDライン照明を採用しているのでかなりかっこいいです(^^)/
鏡はお湯を使ったくもり止めが付いています。

②CIMG4361 - コピー3
①CIMG4359 - コピー2
CIMG4637

M様邸

最近増えている浴室の手すりの設置工事の事例です。

床がタイルで滑りやすいお風呂。浴槽で転倒した際つかまる場所がなくかなり危険な思いをされたことから浴室の手すりの設置を希望されました。

2
3
4

今回は介護保険が適応され一部金額的に補助される為、申請用に図面等を作成いたしました。

平面詳細図

一部変更がありましたが、完成写真の一部が以下です。

CIMG1859
CIMG1860
CIMG1861

入口部は段差がある為にドアの柱部に出隅タイプの手すりを設置。浴室に入ってからはL型手すり、浴室にはI型手すりを設置しています。

今回もお客さんと浴室でどこにどういう手すりがほしいのかを1つ1つ確認しながら決めていき図面を作成し、今回はケアマネージャーにほぼ認められて施工することが出来ました。

僕の経験で祖父の手すりを設計設置した経験があります。

その経験から、手すりで何よりも大事なのはケアマネージャーの意見よりも介護者本人がどこにどういう手すりを必要としているかを確認してあげる作業だと考えています。ですので手すりを介護者と1つ1つ確認していきその人にあった場所に手すりを設置することが可能になり、意味のある手すりが設置出来ます(^ ^)

手すりはTOTO製浴室用手すりです。

O様邸

タイル張りで寒く古くなったお風呂をシステムバスにリフォームいたしました。

DSCF5299

まずは既設のお風呂の解体です。ブロックやタイルを取っていきます。

DSCF5433

次に配管です。

古いパイプは出来る限り取り除き新しくします。

DSCF5463

次に風呂を設置する為に土間にコンクリートを打ちます。

DSCF5437

風呂を搬入し、配管を接続して完成です。

商品はココチーノSクラス 1216タイプです。

窓の場所も隣家の面から変更しています(^ ^)/

DSCF5502

N様邸新築工事

システムバスの施工をご紹介いたします。

まずは配管です。脱衣所洗濯機用の給水・給湯、風呂の給水・給湯管です。

CIMG1469

フロ搬入時に給水・給湯配管、追い炊き配管、暖房配管を接続して完成です。

商品はパナソニック製ココチーノSクラス 1618タイプです。

CIMG2030

標準の浴室暖房機をガスのものに変更しています。

2室換気・暖房タイプで便利です。

風呂側↓

CIMG2032

脱衣所側↓

CIMG2033

M様邸

某ハウスメーカのお家で換気扇が故障しており、ハウスメーカの見積もりでは4万程すると言われたそうで

高過ぎると思い当店へ御依頼が来ました。

R0013015

新しい換気扇はパナソニック製のものを採用いたしました。

費用も工事費込で2万円ほどです(^^)/

R0013016