コンテンツへスキップ

N様邸新築工事

システムバスの施工をご紹介いたします。

まずは配管です。脱衣所洗濯機用の給水・給湯、風呂の給水・給湯管です。

CIMG1469

フロ搬入時に給水・給湯配管、追い炊き配管、暖房配管を接続して完成です。

商品はパナソニック製ココチーノSクラス 1618タイプです。

CIMG2030

標準の浴室暖房機をガスのものに変更しています。

2室換気・暖房タイプで便利です。

風呂側↓

CIMG2032

脱衣所側↓

CIMG2033

W様邸

施主様がご結婚され、新しい生活をスタートする為にキッチンのリフォームを決意されました。

既設のキッチンは古くはなかったのですが、とても痛んでおり写真のしるし部で判るように天板が寸足らずでそこにゴミが落ちやすくなっていました。

CIMG4163

既設のキッチンを撤去。配管・配線をして旧キッチンボードの下地板も張替えています。

CIMG5085

完成です。商品はパナソニック リフォムス 間口2850mmのものを間口に合わせて天板加工しています。

また、フードのスイッチが少し高い為、手元リモコンを取り付けています。

CIMG6683

こちらの施主様は建具屋さんで窓のことはお手のもの。天袋を設置する為に窓を自ら取り替えられています。

その他、さまざまなことを手伝っていただき大変良いものが出来ました。

11月にはお子様が生まれるそうで、こちらもやりがいある仕事でした(^^)/

当店は設備器具を販売するだけではないです。

地域密着企業としてしっかりとアフターメンテナンスに力を入れています。

水栓は台所・風呂・洗面等に使われる水栓(蛇口・カラン)は生活する上で欠かせない設備器具です。

今回はその水栓の修理について簡単に説明いたします。

従来の水栓といえば下の写真の様にハンドル式になっているおり、水が止まりにくくなったらケレップ

(パッキン)を取り替えることで修理が出来たので、普通に誰でも修理が出来ました。

CIMG2365

しかし、現在ではハンドル式の水栓は洗濯機水栓でしか見なくなりシングルレバータイプ(1つのレバー

で水を出したり止めたりするもの)のものに代わってきています。

下の写真は台所水栓の修理時の写真です。

前の写真と部品が違うのが判ると思います。この部品がパッキンに代わり最近の混合水栓で使用される

カートリッジと呼ばれる部品です。

CIMG2642

風呂のシャワー水栓にしても

CIMG3014

洗面の水栓にしても同様に

CIMG1040

シングルレバータイプの水栓はカートリッジを使用しています。

このカートリッジというものは水栓の種類・メーカによって違います。

水栓の種類・メーカが不明な場合、調査する必要があり修理までの日数がかかってしまいます。

当店で取付られた水栓であれば、そのカートリッジを保有していますので迅速に修理が可能です。

水栓選びはアフターのことを良く考えましょう(^ ^)

N様邸

他店で付けられたシステムキッチンの水栓が根っこから折れガムテープで修理されていましたが、

一時しのぎに過ぎず取替を依頼されました。

DSCF5494

取り付けたのはTOTO製のものです。

DSCF5505

当店で付けられた水栓の消耗品部品の取替は当店が行うので、修理費用がお安くなります(^ ^)/

M様邸

他店で取付られた洗面ドレッシングの水栓部が水漏れしていて、シャワーの使い勝手が悪い為取替を希望されました。

TBC

取付たのはTOTO製のシャワーホールが引き出せるタイプの水栓です。

CIMG0361

当店で取付た水栓は当店で修理いたしますので、メーカに修理依頼するより格段にお安くなります(^ ^)/

N様邸

洗面には2ハンドルの混合水栓が付いていましたが、接続されいてるのは水だけでした。

しかも、いくらハンドルを締めても水が止まらなかった為、水の開け閉めが簡単な水栓への取替を希望されていました。

CIMG4002

取り付けた立水栓はレバータイプのもので水の開け閉めがラクラクに行えます。

前の湯の方の穴は化粧プレートで塞ぎ完成です。

CIMG1284

工事概要:ガス瞬間湯沸器設置1台、流し台設置1台、水栓取付、各種配管・配線工事

DSCF2055
DSCF2134
DSCF2133